オリジナルトートバッグを作って販促品や資料の配付に

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業の名入れやロゴマークなどができる持ち手付きのオリジナルバッグを作ると、広告や宣伝代わりになります。販促品で得意客や新規の顧客開拓に使うこともできますし、セミナーや説明会で資料を配付する際に一緒に付けるとそのまま持って行くことができるので喜ばれるでしょう。
トートバッグの大きさや素材などは色々用意されていますし、用途別のバッグが豊富に揃えられています。丈夫なトート型の綿キャンバス生地は、重い荷物を入れるのにも適しているので、厚めのパンフレットやエコバッグとして利用することも可能です。不織布で作られたバッグは、コストを押さえることができて、端がほつれにくいです。薄手の場合があり、少量の書類などを入れるのに適しています。ポリエステル繊維を使ったバッグは、軽くて丈夫で洗濯をしてもしわになりにくい特徴があり、用途を選ばずに使えます。
どちらの生地にして良いか迷う場合は、サンプルを取り寄せることもできる会社もあるので、問い合わせをするのがおすすめです。

名入れやデザインの印刷方法は選べるか

オリジナルデザインをトートバッグにプリントする場合、適した方法があり、必要な量と絵柄により大きく分けて2種類から選べることが多いです。
大量に必要な場合は、1色ずつ製版して直接生地に印刷するシルク印刷という方法が向いています。使う機会が多くても色あせしにくく、色持ちも良いです。1つずつ製版をするので、多色刷りには向いていません。色が少なくシンプルなデザインに適しているでしょう。
写真やイラストをカラープリントしたり、グラデーションのような色合いにするには、熱転写シートによるフルカラー印刷が向いています。熱転写シートにデザインをフルカラーで刷り、色柄の周囲に合わせて切り取ってから、バッグの生地に熱圧着によるプレス加工をして付ける方法です。製版の必要がないため、限定品などの少ない数で済む場合にも利用しやすいです。ただし、切り抜きが必要なので、細かい文字や細い線で描かれたデザインは難しいでしょう。
両方とも不織布やコットン生地、ポリエステル繊維と幅広い素材にプリント可能です。保冷バッグなどの特殊な素材には向いていないことがあるので注意が必要です。

デザインの入稿方法は難しいのか

オリジナルデザインのトートバッグを作るには、デザインの入稿を行わなくてはいけません。たいていの印刷を請け負う会社では、インターネットからデザインのデータファイルをアップロードして送信できます。しかし、決められた画像処理ソフトが必要となる場合があるので、事前に確かめましょう。印刷会社が用意したテンプレートをダウンロードし、ガイドに沿ってデザインを決めたり、色を指定したりする場合もあります。プリントできる範囲が決められているので、その範囲を超えないように気をつけましょう。
事務や営業の業務を中心にしている会社の場合は、表計算やワープロなどのビジネスソフトはあっても、なかなか画像用のソフトは用意されていないことが多いです。対応できる会社であればファクスを送信して入稿できることがあったり、汎用的なビジネスソフトの形式でファイルを受付可能な所もあるので、相談するといいでしょう。

国内レンタルビデオ店のシェア90%以上と多くのお客様に長年に渡り大変ご満足をいただいております。 また、大量生産には低コストのフラットトートバッグの不織布が人気となっています。 また、日経新聞でも「DVDケース製造販売」の取材内容が掲載されました。 綺麗なシルク印刷が自慢のA4コットンバッグが当店で一番人気となっております。 トートバッグをオリジナルで作成したいならジャストコーポレーションで